メニュー

中古のフィルムカメラの買取事情

意外と高くで買取されるフィルムカメラの買取相場や高価買取されるコツを説明します。

かつてフィルムカメラがを販売していたメーカーもデジタルカメラの展開に切り替わり、今ではフィルムカメラを見る事がほとんどなくなりました。そんなカメラの一時代を築いてきたフィルムカメラを買取りに出すと、どれくらいの相場になるのでしょうか。そこでここ最近のフィルムカメラの買取相場や買取傾向などまとめて紹介しますので、不要になったフィルムカメラを持っている方はぜひ買取に出して現金に換える事をお勧めします。

【付属品を揃える・綺麗な状態にする】
中古フィルムカメラを査定してもらう時にはカメラ本体だけでなく付属品も一緒に買取に出しましょう。付属品とは「ストラップ」「説明書」「パーツ類」「レンズ」などで付属品を一緒に査定に出すだけでも買取金額に多少の差が出ます。逆に付属品が無い場合は買取金額が減額される事がありますので付属品をしっかり保管しておきましょう。また、買取に出す時にはカメラ本体を綺麗にする事が大事です。付属品と一緒であまりにも汚れが酷い場合は減額される事があるので、ある程度綺麗にしてから査定してもらう事が大切になります。

【買取はできるだけ実績のあるお店を複数店】
カメラの買取を行う時に気を付ける事は沢山あり、一店舗だけ査定をしてもらうのではなく、複数店舗で買取をする事が大事です。買取はお店で金額に差が出る為、複数店で査定を行う事は面倒な事でありますが、少しでも高値で買取されるためには複数店で査定を行いましょう。また、その中で買取を行うお店はできるだけカメラに詳しいお店を選びましょう。

【まとめ】
古くなってしまったフィルムカメラでも気を付けるポイントをきちんとすると高価で買取される事がありますので、一昔前に使っていたフィルムカメラがある場合は出来るだけ早めの買取を行いましょう。また、フィルムカメラは放置していると内部に劣化が生じるため、今後使用する事がない場合も早めに買取してもらう事が大事です。